物件購入までの流れ

購入の流れを把握することで
物件選びもスムーズに

中古物件の購入〜入居までには、幾つか行うべき手続きがあります。
それらをスムーズに進めるために、全体の流れや必要な準備についてご説明します。

戸建物件を購入する際の流れは、物件によって細かな点において異なる部分はありますが、基本的な流れは以下のようになります。

  • まずは情報収集から始めます

    まずはじめに「理想の暮らし」をイメージし、その条件をたくさん書き出します。そのなかで実現したい優先順位をつけてみてください。「これだけは絶対譲れない!」というポイントがあれば、それが住まい探しの基準となってきます。
    希望するエリアや、沿線、最寄り駅にはどんな物件があるのか、物件検索サイトなどで確認していきます。

  • 問い合わせをして物件見学をします

    見てみたい物件、気になる物件があれば、問い合わせをして見学の段取りをしてもらいます。
    鍵の手配などの調整も必要なため、少し余裕をみてお早めに希望日時をお伝え下さい。

  • 購入候補の物件を絞り込んでいきます

    1件目の見学をしただけで購入を決める必要はありません。何度か見学を繰り返すことで、次第に自分の希望条件やこだわりポイントなどが明確になっていくこともあるでしょう。
    物件を数多く見過ぎると、かえって購入物件を絞り込むことができない状態になってしまうので注意も必要です。

    最終的に購入候補物件を決めるため再び現地を見学したいときには、遠慮なく営業担当者へ伝えるようにしてください。

  • 購入の申し込みをします

    納得できる物件が見つかったら「購入申込書」に必要事項を記入します。
    これは売主に対して「購入意思を明確にする」ために必要な書面となります。

  • 住宅ローンの事前審査を受けます

    住宅ローンを借りるつもりでも、金融機関がそれに応じてくれなければ先に進むことができません。そのため、事前審査を受けて「仮承認」を得ておくことが一般的です。

  • 重要事項説明を受けます

    売買契約の前には、宅地建物取引士から重要事項説明を受けます。購入物件について法律による制限の内容や設備の状況など詳しい内容の説明があるので、分からないことがあれば、納得できるまで質問をしてください。

  • 売買契約を締結します

    重要事項説明を受けて問題点がなければ売買契約に進みます。
    売主、買主の双方が署名・押印をし、それと同時に買主は手付金を支払います。
    この手付金は残金決済のときに売買代金へ充当されます。

    売買契約が成立した後は原則として後戻りすることができません。買主の都合で契約をやめようとすれば支払った手付金を放棄したり、タイミングによっては違約金の支払いを求められたりすることになりますから、内容をよく理解したうえで契約に進むことが大切です。

  • 住宅ローンを申し込みます

    売買契約を締結したら速やかに住宅ローンの正式な申し込みをします。
    事前審査はあくまでも仮のものであり、正式な申し込みを受けて金融機関は本審査をします。
    事前審査で承認を受けていても本審査が通らないこともあるので注意しなければなりません。
    もしも本審査で承認が得られなかった場合には、契約書の条項に基づいて売買契約は白紙解除されることが一般的です。

  • 住宅ローンの契約、残金決済をして物件の引き渡しを受けます

    残金決済とは、購入にかかわる代金のうち、まだ支払っていない部分をすべて払うことです。残金決済の期日は契約時に決められるので、住宅ローン借入金の支払い(ローン実行)が残金決済までに行われるように、金融機関に早めに申し込んでおきます。
    物件の引き渡しは鍵や必要書類の授受によって行われるので、これらの書類はしっかりと整理して大切に保管するようにしましょう。

  • いよいよ入居です

    引き渡しを受けた物件にいつ入居するのかは自由に決められますが、住宅ローン控除の適用を受けるには「6か月以内に入居すること」が一つの要件です。
    入居まで6か月以上かかるといったケースは少ないでしょうが、年末近くに引き渡しを受けたときは12月31日までに入居しないと、その年は住宅ローン控除が適用されないので注意しなければなりません。

    なお、住宅ローン控除の申告は入居した年の翌年3月15日までにすることが原則です。住宅ローン控除などの「還付申告」は1月から受付が始まるため、早めに手続きを済ませると安心です。給与所得者の場合、2年目以降の住宅ローン控除を年末調整で受けることも可能です。

  • 不動産取得税の申告をします

    一定の要件を満たす一戸建ては、不動産取得税の軽減措置を受けることができます。その申告期限は自治体によって異なり、取得した日から10日以内、30日以内などまちまちです。期限を過ぎても特段の罰則はありませんが、手続きをスムーズにするためにも期限内に申告しておきたいものです。

  • 登記識別情報を受け取ります

    登記手続きが完了すると、法務局から登記識別情報が送られてきます。これは従来の不動産権利証に代わるものなので大切に保管しておきましょう。

お問い合わせ

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム